商品写真

誇り高きミルトンの名を冠す
ただ一樽の最終リリース品

MILTON 1949
GORDON & MACPHAIL
PRIVATE COLLECTION

動画をみる
2022年に入り、ゴードン&マクファイル(以下G&M)社は同社の熟成庫に現存するストラスアイラの最古の樽、1949年に蒸留された最後の一樽をボトリングしました。そしてこの商品はストラスアイラとしてではなく、当時の正式な蒸留所名である「ミルトン」としてリリースされました。
ストラスアイラは1786年創業というスペイサイドで最も古い歴史を持つ蒸留所です。
付近を流れる川にちなんで古くからストラスアイラと呼ばれていましたが、正式に蒸留所名がストラスアイラと改名されたのは1951年のことであり、それ以前、今回の原酒が蒸留された当時はミルトン蒸留所として知られていました。
この蒸留所は独特の形状を持つ小型の銅製スチルによってリッチでフルーティ、そしてフルボディな仕上がりとなる特徴を持っています。G&M社はこの特徴を最大限に生かすため、今から70年以上も前に熟成させる樽としてファーストフィルのシェリーパンチョンを選び、72年もの間、熟練の技術によってこの樽を管理してきました。そして数十年にわたって熟成の状態を見極めながら、まさに今が最高の状態であると判断を下したのです。
ひいてはこの長期熟成により、トフィーやスパイス、かすかなスモークという古き良き当時のスペイサイドモルトの味わいが今現代によみがえり、楽しめるようになったのです。
ミルトンとして造られてもストラスアイラとして造られても、この蒸留所の長期熟成のシングルモルトは常に飲み手の期待に応えてきました。蒸留所の歴史に忠実であろうとし、真の出所を正確に反映させるべく「ミルトン」としてわずか180本のみリリースされたこの商品、これまでにボトリングされた中で最も古いミルトンであり、もう二度と世に送られることはありません。
蒸留所:ミルトン蒸留所(ストラスアイラ)
地域:スペイサイド
蒸留:1949年5月19日
瓶詰:2022年1月6日
熟成年数:72年
容量:700ml
アルコール度数:48.6度
生産本数:180本
カスクナンバー:383
カスクタイプ:ファーストフィルシェリーパンチョン
価格:¥7,920,000(税別¥7,200,000)
商品写真
商品写真

TASTING NOTES

外観
ダークゴールド
香り
シェリーの影響が絡み合った甘いバニラポッドやセビルオレンジ。煮込んだ森の果実の香りから、生き生きとしたフェスティーブスパイスや柔らかいレモンゼストへ。
味わい
バタースコッチの風味から、鮮やかなシトラスやナツメグの風味へ。温めた洋ナシやハニカムを伴ったベイクドアップルが前面に現れる。
フィニッシュ
リンゴの余韻、ダークトフィー、かすかなスモークを伴った長いフィニッシュ。
ミルトンは百年銘酒にて
お取り扱いを開始しております。
ご購入に関しては、下記のフォームにて
お問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちら
ゴードン&マクファイル社のイメージ写真
ゴードン&マクファイル社について
125年以上の間、G&M社は「極めて優れた品質のシングルモルトウイスキーを造る」という一つの使命に駆り立てられてきました。四世代にわたる家族経営を続け、スコットランド全域の100か所を超える蒸留所のスピリッツと、自らが用意した樽とのマッチングを行ってきた同社は、様々な異なるスタイルのスピリッツをどう熟成させるのかということを理解し、磨き上げてきたその複雑な熟練の技術によって樽のポートフォリオを管理してきました。このように樽についての膨大な知識を持っているからこそ、G&M社は完璧な熟成を経たウイスキーを絶え間なくお届けすることができるのです。専門的な知識を持って熟成を管理することで、世界中のどこにもない、他に類を見ない複雑で完璧なバランスのシングルモルトを造ることができます。
このビジネスの中枢はサンプルルームにあります。様々な熟成年数、様々な特徴のシングルモルトが100年以上にわたって取り揃えられた、類稀なる「リキッドライブラリー」です。しかしこれらのサンプルは家宝としてそこにあるわけではありません。情報を提供し、将来の意思決定を助け、後の世代の貴重な手引きとなるために、そこにあるのです。
プライベートコレクションのイメージ写真
プライベートコレクションについて
プライベートコレクションという名称は、G&M社の経営一族であるアーカート家によって厳選されたウイスキーであることを示しています。その蒸留所が有名か無名か、また現在も稼働しているのか閉鎖されたのかに関わらず、四世代にわたって代々受け継がれてきたその経験をもとに極上のウイスキーをリリースしています。
ストラスアイラ蒸留所のイメージ写真
ストラスアイラ蒸留所について
1786年に設立されたスペイサイド・キースにある蒸留所。生産量のほとんどがブレンデッドウイスキー・シーバスリーガルの原酒として使用されているため、シングルモルトとしてリリースされる量は非常に少ない。スペイサイドで最も古い歴史を持ち、おとぎ話に出てくるようなその佇まいは多くの観光客を魅了している。
ミルトンは百年銘酒にて
お取り扱いを開始しております。
ご購入に関しては、下記のフォームにて
お問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちら